子どもの風邪を早く治すためにやること

この記事をシェアする

 

f:id:kimamachan:20190515210339j:plain

 

 

 

こんにちは、気ままです^^

 

今年の春は、まさに異常気象!

マタニティライフ楽しもうって

思ってたのに!!

この春、なーーんも出来なかった(泣)

 

4月でも雪が降るという

本当に珍しい平成最後の春でした。

 

エルニーニョだか

ロナウジーニョだか知らんが

やめてほしいわ!←

 

おかげで、ぴっちゃんも

鼻風邪が一向によくならん!

 

これは困った…

ということで、今日は少し

風邪の話をしようと思う!

 

風邪ってなんなの?

 

 

風邪とは、一言で言えば

ウイルスです。

身体に侵入してきたウイルスを

退治しようとして熱が出たり

咳や鼻水が出たり、

色んな症状が現れます。

 

〇〇ウイルス

なんていうのは数多くあり

特定することが

出来ないこともあります。

インフルエンザやノロなど

区別されやすいウイルスも

ありますが、特定しにくい時には

「 風邪 」とひとまとめにされます。

 

ですが、なんだかんだで

厄介なのがこの「 風邪 」です。

鼻風邪、咳、微熱、

なぜそんなことが起こるのか?

 

原因は人それぞれ?

 

 

「風邪」が起こる原因はまさに

人によってさまざまです。

 

その代表的なのが

 

・花粉や黄砂

・ホコリ、ハウスダスト

・朝晩の寒暖差によるもの

・寝冷え、湯冷め

 

などが一般的だと思います。

 

喉や鼻にくるもの

熱がぐんと上がるもの

原因によって症状の軽さや重さも

違うでしょう。

 

この時期の風邪って

まぁ治りにくいですよね( ;∀;)

 

ぴっちゃんもかれこれ3週間ほど

喉の痛みと鼻水に悩まされています・・・

引き始めはいつも様子を見て

病院に行くべきかを判断します。

自然治癒力も大切だと思うので

出来るだけ病院は頼らないようにしてます。

 

ですが、様子を見ていても

一向によくならない上に

まさかの大型連休真っただ中(笑)

病院に行きたくても行けない状況でした。

 

仕方がないので家で出来ることを

たくさん試しました^^

 

その中でも効果があったものを

紹介しま~す(*'ω'*)

 

 

風邪の時にやるべきこと

 

 

風邪の時に大事なのは

「食事」「睡眠」です。

 

しっかり食べてよく寝る!

これが1番です。

しかし、小さい子どもは

そんなこと分からないので

寝ろと言っても寝ませんOrz

 

なので、出来る時に出来ることを

しっかりしてあげましょう!

 

風邪の時に食べるといいもの

 

 

風邪の時に食べるといい食材は

ビタミンA」「ビタミンB1」「ビタミンC

が代表的です。

 

ビタミンAが豊富な食べ物

 

・うなぎ

・レバー(鶏・豚)

・卵黄

・人参

・大根

・ほうれん草 

・小松菜

・にら      など

 

ビタミンB1が豊富な食べ物

 

・豚肉

・大豆

・かれい

・栗

・玄米、全粒粉   など

 

ビタミンCが豊富な食べ物

 

・みかん

・レモン

・キウイ

・いちご

・パプリカ

・緑黄色野菜   など

 

これ以外に気ままがおススメしたい

食材はズバリ「はちみつ」「ネギ」です!!

 

昔、小さい時に風邪を引いたら

首にネギを巻かれたことがありました(笑)

 

それくらいネギって効果が

あるようです。

 

ネギには、「硫化アリル」という

成分がありますが、

この硫化アリルがかなりの強者!!

 

硫化アリルが持っている作用は

 

疲労回復・・・疲れをとる

・殺菌作用・・・菌をやっつける

・血行促進・・・体を温める

・免疫力を高める・・・菌をやっつける

・胃腸の働きを増進・・・食べ物の吸収がよくなる

 

風邪にはもってこいの食材ですよね♪♪

 

また、はちみつにも同様、

殺菌作用があったり

たくさんのビタミンが入っていたり

風邪の時にはとっても役に立ちます!

 

ぴっちゃんはネギが苦手なようで><

大きく切ると食べてくれないので

刻んで姿を見えなくしています。

 

食欲がない時に食べやすいもの

 

 

・生姜スープ

・野菜のくたくたスープ

・はちみつレモン

・鍋焼きうどん

・玉子雑炊

・鶏雑炊

 

とにかく、喉をスッと通るものを

食べさせるといいですよ^^

 

うどんなら好きな子どもも多いので

風邪でしんどい時でも多少は

食欲が湧くかもです(*'ω'*)

 

風邪の時にぐっすり寝かせる方法

 

 

そして最後は、「睡眠」ですね。

夜にはぐっすりと

寝られるようにしてあげましょう!

睡眠」をとることも体力回復のカギに

なりますから、いつもより多めに

寝かせましょう(*^^)v

 

ですが、寝かせようと思っても

・鼻が詰まって寝られない

・咳が出て苦しそう

なんてこと多々ありますよね。

 

ぴっちゃんも3週間くらい

寝るのが辛いようです・・

 

かかりつけの耳鼻科で先生に聞いたら

3歳くらいまでは仕方ないそうで・・・

寝る時に環境を作ってあげることしか

出来ないようです。

 

その環境づくりがコチラ!

 

◎部屋を加湿する

 

季節的にも加湿器を出すのは

ちょっと・・・なので

我が家では濡れたタオルを

寝室にかけています。

出来れば顔の上あたりがベスト🎵

 

◎寝る時の位置を高くする

 

上半身より上を高くすることで

鼻が通りやすくなります。

我が家はシングルを2つ並べて

寝ていて、ぴっちゃんだけ

細工することができないので

気ままの枕にぴっちゃんを乗せて

寝かせています^^

 

出来る方は、

上半身から頭にかけて

滑り台のように

だんだん高くなるように

バスタオルやタオルを

布団の下に敷いて高さを

調節してあげてください☺

コロコロ転がってしまわないように

注意が必要ですよ!

 

◎玉ねぎを枕元に置く

 

玉ねぎにはネギと同じように

硫化アリルが含まれます。

 

硫化アリルは、食材を切ると

目が染みる作用があるものです。

あのツンとしたものが

鼻の通りをよくするそうです(*'ω'*)

 

◎お風呂で体を温める

 

熱がない時にはお風呂で

体を温めることも大事です。

お風呂から上がったら

湯冷めしないうちに寝ます。

 

◎鼻を温める

 

鼻が詰まって寝苦しい時には

濡らしたタオルを適度にレンチンし、

少し冷ましてから鼻の上に乗せます。

鼻全体が温まったら詰まっていた鼻水がサーっと流れてきます。

 

ベタベタ、ねばねばの鼻水にも

効果があるので試してください♪

意味がないという人もいるかもですが・・・

 

 これでもダメなら、耳鼻科へ

行くことをおススメします(^_-)-☆

 

風邪の時にするべきこを

いくつか紹介しましたが、

人によって効果の出方も

さまざまですので

自分に合った方法を

試してみてくださいね(;^ω^)